リフォームの、保証とは

2018/05/29

リフォーム業者を選ぶ時の、理由の一つに「保証」があります。
意外と知らない保証についてご説明します。

保証とは、「問題がない、大丈夫であると認め責任を持つ」ことです。

よく聞く言葉で
「うちの会社は10年間の保証をつけています。」
とても簡潔にですが、どんな問題がなくて、誰が責任を持つのか
掘り下げてみましょう。

どんな問題か
建設工事で言えば、2種類(材料の問題、施工の問題)があります。
これらに不慮の故障や、不具合があった場合 はOK
それらに工事に関係ない原因での問題    はNG

誰が責任を持つか
材料や商品の問題は、メーカー保証
施工の問題は、施工業者      が持ちます。
注意点は、もし会社がなくなっていれば保証もなくなります。
なので、大きい会社は会社が潰れないことを売りにします。

最近は、会社が潰れても保証してくれる「住宅瑕疵保険制度」もありますので
工事会社から説明しないことが多い、保険や補助、減税などの情報も計画に入れられると
いいですね。